医療レーザー脱毛を効率よく行うコツ

医療機関では、衣料レーザー脱毛という脱毛法を行っています。このレーザーを使った脱毛法は、数ある脱毛法の中でも手軽で、脱毛効果も高いとし、人気を集めている脱毛法でもあります。
体毛は毛根や毛母細胞といった部分で、作られており、この部分には黒い色のメラニン色素が多く含まれています。医療レーザー脱毛に使われているレーザーは、黒い色に反応するよう設定が行われており、無駄毛が気になる部分にレーザーを照射すると、黒い色の毛根や毛母細胞のみに、熱のエネルギーが浸透します。
熱を加えられた毛根や毛母細胞は破壊されるので、無駄毛を脱毛する事ができるのです。破壊された毛根や毛母細胞のある毛穴からは、2度と体毛が生える事は無い為、医療レーザー脱毛は、永久脱毛とも言われています。



ただし1回レーザーを照射したからといって、全ての無駄毛が脱毛できる訳ではありません。


体毛には毛周期と言われるサイクルがあり、この毛周期に合わせてレーザーを照射する事で、より効果的に無駄毛を脱毛する事ができます。

心斎橋で有名なレーザー脱毛の情報をご紹介いたします。

毛周期には成長期・退行期・休止期という3つのサイクルが繰り返し行われています。


成長期は新しい体毛が生え始め、太く成長する時期にあたります。

一方、退行期は毛根が成長の活動を停止し、体毛が衰える時期です。

そして休止期に入ると、毛根は完全に機能を停止するのです。
退行期や休止期の毛穴にレーザーを照射しても、思うように脱毛する事は難しく、体毛が黒い成長期に脱毛を行う必要があります。

一般的に1度レーザーを照射したら1か月から2か月の期間を置き、数回レーザーを照射する事で、満足の行く脱毛を行う事ができます。
医療レーザー脱毛は施術の早い脱毛法ですが、毛周期に合わせ脱毛を行わないと、クリニックへ通う回数が増えてしまいます。


きちんと毛周期に合わせてレーザーを照射する事が、無駄毛の無いスベスベ肌になる近道なのです。