ITエンジニアの転職にある魅力

バナー

ITエンジニアの転職にある魅力

近頃IT業務の大幅な変革が立て続けに起こり、ITエンジニアの立ち位置も目まぐるしく変わっています。
そんな中、待遇が悪化し転職を考える人も少なくないでしょう。しかし、これからどのような体系の業務が主流になっていくかをきちんと把握した上で転職しないと取り返しのつかないことになりかねません。

特にネットワークエンジニアに関してはアウトソーシング化が絶え間なく続いているために、色々と考えた上で転職を決めねばなりません。

上述の通り、今は専門技術者と機材類のコストを浮かすためにアウトソーシング化がどんどんと進んでいます。

例えば、自社内のサーバとITエンジニアでグループウェアを運用した場合、常態的にITエンジニアのコストと、サーバ類のコスト、消費電力、また障害に備えた冗長化やバックアップなどの対策にもお金を割かなければなりません。


これらはスケールメリットで極めて安価になる点ですので、グループウェアの運用自体を全て外注に任せ、ネットワーク越しにサービスだけ利用し、冗長化やバックアップ等の対策もまとめてお願いした上でSLAを形成すれば、ムダに費用をかけることなく品質を維持できるのです。この際に切り捨てられるのがITエンジニアであり、転職先が中小企業のお抱えのITエンジニアだった場合、業績悪化に伴い切り捨てられる可能性が高いというわけです。

これからのITエンジニアが活躍する場所は、今まで挙げたアウトソーシング先の、サービス提供側です。

クラウドなどの受注によるサービス提供を行う業種は転職への受け入れ態勢が整っているところが多く、入りやすい環境であることが多いです。

その上、アウトソーシング化の動きはまだまだ止まりそうにない上、一度アウトソーシングしたサービスを自社内で動かそうとすることはほぼ無いと考えられるため、仕事が無くなるという心配はほとんどありません。

ITエンジニアともなれば、自分の技術を発揮できない状況は耐え難いものです。
転職する際は仕事が継続的にあるような業種を選びましょう。

https://www.hosp.go.jp/~obihp/profession/cnt0_000045.html
https://www.facebook.com/hoiku.yochien
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/120757.html